子どもと医療

相談窓口Inquiry
counter

患者会活動一覧

患者会は、その病気になっても情報が得にくい、難しい病気について扱っている会が多くあります。(一部、一般的な病気を扱う団体もあります)

誰もが皆かかる病気ではありませんが、知っておくことの意味は、情報を得ることで防げるものを防ぐこと、そして家族や職場、身近な方がかかったときには、それぞれの会につなげることができること(そうすることで、情報が得られたり交流がある)と思います。

病気について伝えることは怖がらせることではなく、知って防ぐ、知って繋げる、そのような気持ちで、稀な病気のこともよくある病気もこちらでご一緒に患者会の活動としてご紹介します。

ALDの未来を考える会

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会

摂食嚥下障害児 親の会つばめの会

先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会 トーチの会」

日本アラジール症候群の会

風疹をなくそうの会 『hand in hand』

ポリオの会

マルファンネットワークジャパン

五十音順

※許可を得て随時追加していきます。

NPO法人しぶたね

一般社団法人チャーミングケア

特定非営利活動法人国際活動市民中心CINGA

特定非営利活動法人SOS子どもの村JAPAN

その他の記事を読む

病院に行く前に
知っておきたいこと